アンチ・エイジング・テアテ

Anti-Aging-Teate Mains d'Or アンチ・エイジング・テアテ

テアテマンドールの施術を受けると、今まで上向きに眠れないで、いつも横向きにしか寝られなかった人が、まっすぐに上向きで自然に寝られるようになるのです。
それが
テアテマンドールの秘技である、整尻なのです。

もちろん全体のテアテが大切ですが、お尻を後ろに引き上げている条件をゆるめてあげれば、それまで、甘栗のようなお尻だったり、ピーマンを貼り付けたようなお尻が、お尻の線がくっきりと出て、よけいな出っ張りが引くのです。仙骨が正常位置に下がりますから、お尻が柔らかく横に張り出し、腰のくびれが出るという魅力的なグラマーな女性になれるのです。

それが、
整尻の手技なのです。

お尻が後ろに突き出てアヒルのような、ドナルドダックのような歩き方をしている女性は、冷え性でもあります。
そして外反母趾が出来たり、足の裏の平の真ん中に魚の目が出来たりしています。

お尻がすぼんでいると言うことは、女性性器への血流が悪くなっていますので、生理不順、生理痛に悩まされます。
女性ホルモンは卵巣で3分の2が造られ残りは、副腎で造られます。
その副腎では、男性ホルモンも造っているのですが、男性ホルモンを肝臓で打ち消してくれているのです。

しかし、血流が悪く、卵巣での製造が減少している場合は、体内の男性ホルモンが勝ってきます。肝臓が弱ってくるとやはりそうなります。

すると。。。腰のくびれが無くなり、ソーセージのような体型になり。
ヒゲがうっすらと出てきます。
閉経期後の女性を遠くから眺めると、うっすら青くヒゲが見えることが有るのがそれです。若い女性でも結構多いのです。少女にも有ります。

男性ホルモンが、カルシウムを消費してきますから、慢性カルシウム不足を起こしてきますので、副甲状腺が腫れてきます。

ホルモンの減少が老化に繋がるとしています。
HGH(人成長ホルモン)や、DHEA(ホルモンの母とも呼ばれる)などの物質が減少してくるからだとして、美容医学者は、こういったいろいろなホルモンを外から注入して、アンチ・エイジングを行おうとしていますが、そのときには一時的に良くなるようですが、体内で造られて行かなければ、いつまでもそういったホルモン剤を注入しなければならないのです。
いつかは、ホルモンバランスが崩れてきて、映画にあるようにそれまで美人だった肉体がスローモーション逆回しのように老けてしまうという状態が来ないともかぎりません。

ですが、テアテマンドールの手技で、お尻の形が正常になれば、体内の血流もよくなり、ホルモンバランスも良くなってくるのです。
ですから
翌朝お化粧ののりが良くなった。
肌がしっとりしてきた。


という嬉しい報告を、よく頂きます。

だから今こそ
アンチ・エイジング・テアテなのです。
あなたも今すぐご連絡を!
011−512−1557
090−3606−4239
064−0804北海道札幌市中央区南四条西十一1293/13/401