手が震える(パーキンソンかも)がなぜ消える

50代前半の女性は右手首から上が常に震えていた。
ご自分の母がパーキンソン病だと仰っていた。しかしこれは遺伝しないとい
うのが定説です。だが不安を持っているようでした。
5回目の施術から変化が見え始め7回目にはほとんど震えなくなっていまし
た。
お奨めしたのは食餌の時に一口50回咀嚼励行です。
歯の当る音が良いリズムになりドーパミンを増やすというのです。

これまでに3人の震える人を診ました。
一人の老女は左手足が常に震え、腕の筋肉がかってにびくびくと動くのに
は驚いたのです。その方は月きに三回ずつ連続施術して二月目には杖な
しで町内会を一回りできるようになり、半年目には施術中にふるえが止まり
始めたのです。

もう一人の方は定年で退職されてから発症された男性でした。
当初は三人がかりでベッドに横になってもらったのですが、3回目には自分
で出来るようになり、全身の固さもほぐれたのです。

どこをどう触れば、どこに光の鍼を打ち込めば効果があるのか?全く私は
判らないのです。
しかし、症状が消える人がいるのです。
全身のやすらぎでしょうか。

この症状になる人は、少ない経験ですが申上げてみますと、みなさま真面
目謹厳実直のようです。そして寂しさを我慢してきたような日々を堪えてき
ておられるようでした。
心の我慢という偏りが脳内のドーパミンの位置をずらし減少させるのかも知
れません。
老女はフト漏らしました。
私はこの病で家族に仕返ししてるんだよ。。。と。

ご家族の心からの反省も必要でしょうね。
それが一番の薬なのではないでしょうか。テアテマンドールの施術は単な
る手助けに過ぎないのです。
だってどうやったらふるえが止ると言うことが判ってないのですから。

整体施術という身体が整うことによって、仙骨の位置が正常になりそれに
よって蝶形骨も正常な位置に戻ることで、すべてのバランスが良くなって来
ると言うことが考えられます。
また良く噛んで食べると言うことが歯のかみ合わせの音によって、脳への
刺激となりドーパミンの生成を促すという学者もいます。

戻る
戻る