聴覚異常有り
出産時障害で視神経に異常を来す子供が多いが案外多いの
が聴覚神経異常である。
聞こえないからしゃべれない!

また育児中に高いところから落ちて、聴覚異常を起こす子供が
結構いるようだ。ここでは二人の子供について書いてみよう。

4歳のK君は、出産の時に母親が力尽きてしまい気絶してしま
った。急ぎ先生が腹にまたがり押し出し、助産婦さんが出てき
た頭を持って引っ張り出したようだ。
そのために
4歳になっても言語が正しく発音できないで困っておられた。
原因が見えず、知能障害かもと言う不安を抱かれていた。
色々探すうちに出産時障害のページを発見されて、テアテマン
ドールに連絡が来たのだった。
千葉まで出かけてみると、多動性症候群にもなっていた。
どうも首の歪みによって聴覚神経にノイズ(雑音)が絡んでしま
い、音が正しく聞こえてないようだった。
つまり、おかーさんァがーザンのように聞こえているため
に。子供は聞こえたままコピーして言語を習得して行くので、そ
のまま発音してしまい、結果は周りの人から理解されないと言
う状態が続き、心が閉塞して行き爆発的な行動や奇声を発す
るという状態になってしまうのだった。
数度のテアテでだいぶ正しく聞こえるようになってきたようだっ
た。

次の6歳のY君は
滑り台のてっぺんから落ちて首に衝撃が入り、左の耳が強度
の難聴になってしまっていた。
最初のテアテでは、ただ軽く首を触るだけで痛がり、多動性症
候群も見られた。
5回ほど継続してやっているうちに、首の痛みが取れてくるに
従って、幾らか難聴の度合いが軽減してきたようだった。

こういったケースは意外と多いようだ。しゃべれないと決めて特
殊学級にぶち込んでしまえばいいし、全寮制の所に預ければ
テマが掛からないと諦めてしまっている親も多いようだ。
しかし、首の矯正でかなり良い状態が戻るのだから、試してみ
るのがいいのでしょう。

こういう子供特徴は
中耳炎を頻発する。
歯並びが悪い
目つきが悪い。上目でにらむような、遠くを見るような感じがす
る。
図形認識が遅い。

お近くのテアテマンドールでどうぞ、ご相談下さい
テアテマンドール日本総合本部
090−3606−4239
三戒堂
メール


戻る
戻る