乾癬:鮭トバ状の内股消えるかも
35歳の女性は腸が弱く子供のころから糖分過多の状態と牛乳やヨーグルトチーズなどの乳製
品摂りすぎになっていた。
そのために脇の下と内股に鮭トバ状態の乾癬が出てしまっていた。
腸が弱いために腹と腰椎付近にそれを守ろうとする意識が出て毛深くなっていた。
(公開することを快諾され、同じように苦しむ人にお役に立ちたいという心の美しさが回復を早めていると認識している)
腰の毛へそ下の毛、女性
二回目の施術時に撮影した。
腰の毛へそまわりの毛。腸が弱い人たちだ
↑これは比較のために公開しました。30歳男性で掌乾癬に成っていた人です。
うちももの乾癬   左足内側
08/08/20に撮影した二回目の施術後である。
施術3回目
4回目   4回目ひいてきた
5回目かなり色が薄くなる   5回目左足
状態が徐々に改良されてきているように見える。火傷のケロイドのような薄い皮膚が消えてきている。身体全体もほ
っそりとしてきて、肌つやもよくなり肌が全体しっとりしてきたと言われている。今後に期待している。わずか五回で効
果が見えてきていることにご本人もかなり希望を持たれたようです。
戻る
戻る