糖尿病とテアテマンドール

10人に一人が糖尿病だと言われています。
又はその予備軍であると。
先天性の膵臓機能低下によるインシュリン不足がそれを作る
場合もあるようですが、殆どは糖分過多と言って過言ではない
ようです。

テアテマンドールの施術をする前に左手を見てみますと、明ら
かに膵臓が疲れていますという線が確認出来ることが良くあり
ます。
この左手健康判断法がテアテマンドールの特徴でもあります。

そんな人は、かなり甘いものが大好き人間なのです。

うつ伏せになってもらい見てみますと、膵臓付近の背中ががこ
んもり盛り上がり、仰向けでは膵臓が下から押し上げていて、
左肋骨の一番下が小山のように盛り上がってくるのです。
糖分過多で膵臓が肋を押し上げる2週間後引いている
この方は左の写真で判るとおりこんもりとつかめるほど盛り上
がってましたが、施術して二週間後、甘いものをぴたりと止め
て、酒も止めて、ご覧のように右側の写真でわかるとおり奇跡
的にアバラは引いていたのです。乳房の法が高くなっています
事に注目して下さい。
膵臓の腫れによるアバラの押し上げは枚挙に暇がありません
が幾らかお見せしましょう。
膵臓の腫れ1膵臓の腫れ2膵臓の腫れ3膵臓の腫れ4
いかがでしょうか?
あなたは大丈夫ですか?

このくらいですとまだ糖尿病という診断を受けてない方が多い
のですから、食生活の見直しと、テアテマンドールを数回受け
るだけでかなり回復するようです。

ある75歳の女性は血糖値が上がってしまいもう少し上がれば
インシュリン療法だと言うときに来られました。
三回施術して病院へ行かれ、血糖値が正常になったというの
です。このような方は結構多いのですよ。

テアテマンドールが治療しているのではありません。背中の膵
臓裏のコリが引いてきて、糖分摂取を止めて、内と外からの努
力が繋がったときに結果が出たのでしょう。勝手に治ってしまう
のです。

ある78歳の女性は、チョコレートが大好きで、頭皮は真っ赤、
膵臓は線が出ているし、背中は腫れ上がっていましたが、病
院では何ともないと言われたと、数日チョコレートを止めました
が、私を疑ってくださり、又食べ始めたそうです。お孫さんがど
っさり送ってくるそうです。

糖尿病だけでなく膵臓癌という切り札も皆様は持っていらっし
ゃいますのでご注意されてください。


戻る
戻る