横向きにしか寝れない人へ

どうしても、真っ直ぐ上を向いて寝ることが出来ない人が案外多いのだ。

勿論腰が痛いからだ。

そんな人は上向きに寝ると、腰の処に隙間が出来てしまい、酷い人は腕一
本はいる人や、座布団を二つ折りにして挟んでしか寝れないと言う人もい
るのだ。

そしてずっと横向きでしか眠れないのだから、自分の重みで内蔵を圧迫し
てくるので、機能低下を起こしやすいのだ。

この原因は
仙骨が引き上げられているからだ。
仙骨を引き上げる原因は
背骨の両側に走るスジが腫れて短くなり、仙骨を引き上げてくるからだ。

その筋が腫れる原因は
腸の機能低下が最も多い。
次に肝臓
次に膵臓
次に腎臓の
機能低下だと言える。

また首が何らかの衝撃で曲がってしまい、腰を曲げていることも多い。
それが逆に内臓の機能低下を引き起こして皮膚障害まで出すのだ。

ご相談は
090−3606−4239
三戒堂
テアテ・マンドール日本総合本部
へ、お気軽に!メール
戻る
戻る